商品カテゴリから選ぶ

商品検索

買い物カゴ

商品数:0

商品数:0円

カゴの中を見る

営業カレンダー

2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
営業時間
9:00〜 18:00
定休日
日曜・祝日
熊本県菊池産 有機JAS認定 十穀米 250g
  • 残りわずか

熊本県菊池産 有機JAS認定 十穀米 250g

商品コード:
10kokumai
販売価格(税込):
1,512
ポイント: 14 Pt
関連カテゴリ:
その他商品
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
十穀米との出会い

10年以上前になりますが、雑穀ブームが起きました。
当店でも良い雑穀を販売したいと思い、いろいろと探していました。
あいがも農法米を栽培していただいている菊鹿町の田村さんが、
赤米・黒米・緑米などを無農薬で栽培されていましたので、
早速販売を始めました。

きびやひえなども販売したいと考え、
「もちきびやひえ、もちあわなどは栽培されていませんか?」
と聞いたところ、
「自分は栽培していないが、栽培している人を紹介しましょうか?」とのことでした。

田村さんに紹介された方に会うために、熊本県菊池市に行きました。
地図を頼りにやっと辿り着いた時、
庭先で90歳近いおばあちゃんが日向ぼっこをされていました。
ツヤツヤ、ピカピカの肌で、あまりのの美しさに驚きました。

話を聞いててみると、毎日雑穀を食べているとのことでした。
その当時、我が家にも同じくらいの歳の祖母がいましたが、
私の祖母とは肌の美しさが大違いでした。
今でもその驚きを覚えています。


これが10穀米との最初の出会いになりました。


販売をはじめてから10年以上になりが、

今でも根強いファンがいらっしゃいます。


最大の特徴は「味の良さ」

10種類の雑穀が絶妙のバランスで配合されています。
今までに数多くの雑穀を試食してきましたが、
これが一番おいしいと思います。

長年にわたり無農薬・無化学肥料で栽培されており、
近年は有機JASの認証も受けています。
安全性・味・栄養バランスに優れており、
自信を持ってお奨めします。


野菜不足の方に!

米の栽培が始まるまで、日本人の主食は雑穀でした。
まさに主食の原点ともいえ、戦後間もなくの頃まで日本各地で栽培されてきました。
雑穀は種類によっても異なりますが、ビタミン・ミネラル・食物繊維、
また、抗酸化性に優れたポリフェノールを多く含んでいます。


押麦

食物繊維が豊富で、ごぼうの1.7倍、ほうれん草の3.4倍、
さつまいもの4倍も含まれています。
水溶性食物繊維は「血中コレステロールの抑制作用」や
「血糖値上昇抑制作用」があると言われています。

丸麦

食物繊維は100g中9.6gふくまれており、精白米の19倍。
水に溶けない「不溶性食物繊維」と
水に溶ける「水溶性食物繊維」がバランス良く含まれています。
不溶性食物繊維は「便秘改善効果」があると言われています。

うるち玄米

玄米に含まれる食物繊維は白米の4~6倍で、便秘解消やデトックスに効果的だといわれています。
また、ビタミンEはアンチエイジイングに、ビタミンB1は糖質の代謝に、
ビタミンB2は脂質の代謝に役立つといわれています。
カルシウムや鉄分などのミネラルも豊富で、体のバランスを整えるのにも好都合です。

もちきび

栄養分のバランスがとても良い雑穀米です。
ダイエット中の人には欠かせない、炭水化物やたんぱく質の代謝を促す亜鉛を、
精白米の2倍と豊富に含んでいます。
また、食物繊維、鉄、マグネシウムなども精白米の約3倍含みます。
HDL-コレステロール(善玉コレステロール)値を高める働きもします。
漢方としては、すい臓や胃の働きをサポートします。

ひえ

ミネラルなどの栄養成分がバランス良く含まれています。
特に便通を良くする食物繊維を白米の8倍以上、
歯や骨をつくるマグネシウムは4倍、亜鉛、リンも約3倍含んでいます。
また、血中のHDLコレステロール(善玉コレステロール)値を高める働きがあります。

もちあわ

ミネラルがバランスよく含まれ、鉄分は精白米の6倍もあります。
骨や歯を作るために必要なマグネシウム、カルシウムも豊富で、
マグネシウムは精白米の5倍、カルシウムは3倍になります。
鉄分が豊富なので、貧血の人はあわを摂取することをおすすめします。
血中のHDL-コレステロール(善玉コレステロール)値を高くする効果もあります。
漢方としても使用され、賢蔵の働きを促進させ、
脾臓や胃の熱を取り除く作用があるとされています。

黒米

黒米は中国では「薬米」といわれ、滋養強壮・栄養食品として用いられてきました。
黒米に含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、
強い抗酸化作用を持ち、体内酸化を抑制する働きがあります。
血圧を下げる作用や、血管を保護するので動脈硬化の予防にもなります。
楊貴妃も美容のために好んで食べたといわれています。

赤米

赤米に含まれるタンニンはポリフェノールの一種で、
過酸化脂質の生成を抑える作用や老化防止効果、
また発ガンを抑制する作用もあるといわれています。
また、赤米には体を温める効果もあるので、冷え性の改善にも役立つとされています。

緑米

緑米の緑色は光合成色素のクロロフィルで、
生き生きと生命力にあふれたお米といわれています。

もち玄米

 

もち米のぬか部分を残した玄米。
玄米に含まれる食物繊維は白米の4~6倍で、便秘解消やデトックスに効果的だといわれています。
また、ビタミンEはアンチエイジイングに、ビタミンB1は糖質の代謝に、
ビタミンB2は脂質の代謝に役立つといわれています。
カルシウムや鉄分などのミネラルも豊富で、体のバランスを整えるのにも好都合です。


お召し上がり方

お米1合に対し、大さじ1~2杯をいれてください。
雑穀は粒が小さいため、お米と一緒に洗うと、粒が流れてしまいます。
洗う時は、茶こしなどで軽くすすいでください。
大さじ1杯いれた場合、水も大さじ1杯いれてください。


玄米にも相性バツグンです。

この商品に対するお客様の声